本文へジャンプ
調布道院沿革

2010年10月11日 調布道院創立35周年記念大会にて

◆1947年   鎌倉にて渡辺和夫誕生(3月)
◆1966年   東京祖師谷道院入門(5月:第206期生)
         *職場の先輩の話を聞き、少林寺拳法に興味を持ったのがきっかけであった。
         *片道90分ほどかけて、殆ど毎日のように練習に通ったという。
◆1967年   初段位允可(4月)
         *当時は道場が狭く、外で受身稽古などをした時などは道衣が真っ黒になり、洗濯が大変であったとか・・・。
◆1968年   2段位允可(1月)
◆1968年   富士重工支部を先輩拳士と共に開設
◆1969年   富士重工支部長となる
         *当時の支部長が郷里へ帰ることになったので、支部長を引き継いだ。
◆1969年   3段位允可(3月)
◆1971年   4段位允可(2月)
◆1973年   5段位允可(7月)・大拳士允可(7月)
◆1975年   調布市内にて道院開設のため、富士重工支部を閉鎖
◆1975年   調布道院開設(2月23日)
         *富士重工支部の有志5人と共に調布道院を開設し、現在の下石原公会堂で練習を行う。
         *道院開設当時から、練習日は現在同様に火曜日・金曜日であった。
◆1977年   6段位允可(7月)
◆1978年   創立3周年記念演武大会を開催
◆1979年   准範士允可(7月)

3周年記念演武大会
◆1985年   調布道院創立10周年記念演武大会開催
         *この頃は年少拳士が多く、最盛期には40人を超えたこともあった。

10周年記念演武大会
◆1986年   7段位允可(1月)
◆1988年   富士重工を退職(2月)
         *拳法一筋に生きる為、自営業の道を探る。
◆1988年   正範士允可(12月)

1985年東京都大会参加の模様
 ◆1990年   ナベ・プリント社を創業(9月)
◆1995年   創立20周年記念演武大会
◆2000年   創立25周年記念演武大会
◆2005年   創立30周年記念演武大会(10月)
◆2007年   八段位允可(12月16日)
◆2010年   創立35周年記念演武大会

1985年合宿にて





   
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO